退屈から抜け出すための映画

観た映画の感想をだらだらと書いているだけのブログです。

映画「世界で一番ゴッホを描いた男」(ネタバレあり)

「世界で一番ゴッホを描いた男」

映画「世界で一番ゴッホを描いた男」
(C)Century Image Media (China)

作品データ

公開:2016年/オランダ・中国
原題:中國梵高 China's Van Goghs
監督:ユイ・ハイボー、キキ・ティンチー・ユイ
製作:キキ・ティンチー・ユイ
製作総指揮:ユイ・ハイボー
撮影:ユイ・ハイボー
出演:チャオ・シャオヨン

概要・あらすじ

中国・深セン市近郊にある「大芬(ダーフェン)油画村」。ここでは世界の有名画家の複製画制作が産業として根付いており、世界市場の6割ものレプリカがこの地で制作されていると言われている。出稼ぎでこの町に来たチャオ・シャオヨンは独学で油絵を学び、ゴッホの複製画を20年間も描き続けている。そんなシャオヨンは、いつからか本物のゴッホの絵画を見たいという夢を抱いていた。ゴッホが実際に描いた絵を自身の目で見てゴッホの心に触れ、何か気づきを得たいという思いは日増しに強くなり、その夢を実現するため、シャオヨンはゴッホ美術館があるアムステルダムの地を訪れるのだが……。(映画.comより抜粋)

 

感想

新宿シネマカリテにて鑑賞しました。この作品は、中国・深セン市近郊の町でフィンセント・ファン・ゴッホの複製画を描き続けている男が「本物のゴッホの絵を見る」という夢を実現するため、アムステルダムを訪れるまでを描いたドキュメンタリー

監督は、映画監督以外にも写真家としても活躍されているユイ・ハイボーと、その娘でCentury Image Media(この映画の製作会社でもある)でプロデューサーを務め、中国上海交通大学の研究所の映画科で助教授として教鞭も取っているというキキ・ティンチー・ユイの親子が務めています。

目の付け所が面白いなぁと思いました。美術館のお土産コーナーで販売されている複製画ってこうやって作られてるの!?ってかなりビックリ。今まで複製画って本物の絵をただコピー(印刷)した物のことだと思っていたんですけど、違うんですね。調べたところ、複製画の技法は様々で、作家の合意の下つくられたオリジナルそっくりの画のことを言うそうです。偽物でも贋作でも違法でもない。でもオリジナルとは微妙に違うし、書いてる人がそもそも作者本人ではない。どれ1つ同じ作品ではないというのに、同じものとして売られているというなんともあやふやなビジネスですね。

 

中国・深セン市近郊にある大芬(ダーフェン)は世界最大の「油画村」として有名で、約1万人の図工がおり、世界市場の6割の複製油画がこの場所で制作されていると言われているそう。失礼ながら中国と西洋美術、ましてやゴッホがどうしても結びつかず、そんな村があることを初めて知って驚きました。その「油画村」で、このドキュメンタリーの主人公であるチャオ・シャオヨンさんは誰よりも多くゴッホの複製画を描いてきた。普通のマンションの1室のような場所に、チャオさんや画工さんたちが働く工房がある。ゴッホの複製画を黙々と描き続ける光景は、もはや機械的にこなす仕事に近く、アートの世界とは程遠い。そんな状況の下、多い時ではゴッホの複製画を月に600〜700枚も世界中に輸出しているという。忙しい時は衣食住のすべてを工房の中だけで済ませる。自分たちが描いたゴッホの絵に囲まれた部屋で、上半身裸の中国人の男たちが雑魚寝する光景は異様でしかない。

描かれている絵は、ゴッホの自画像やひまわりや星月夜、夜のカフェテラスなどなど恐らく依頼を受ければ何でも描いているよう。複製画って鉛筆で線を引いたり下書きしたり、もっと慎重に作られるものだと思ってたけど、下書きもなくそのまま筆入れちゃう大胆さにもびっくりだし、あのアバウトさで完成品がそれなりに似た仕上がりになっているところもすごい。もちろん本物と瓜二つなまでにそっくりとは言えないけど・・・。ベテランのチャオさんは、他の若い画工に対して厳しい指導も行う。でも、書き直しを命じられた画工は「もう嫌だ!」と反抗。チャオさん、慕われてないのか・・・。そんなチャオさんは独学で油絵を学び、20年間ゴッホの絵を描き続けてきたけれど、本物のゴッホの絵を見たことがないという。チャオさんも画工たちもゴッホの絵の写真を見ながら描いている。みんなでカーク・ダグラス主演の『炎の人ゴッホ』を鑑賞するシーンも。

そんなチャオさんの”いつかゴッホ美術館に行って本物のゴッホの絵が見たい!!”という夢を叶えるというのが、このドキュメンタリーの肝。いつも複製画を買い取ってくれているクライアントからの「遊びにおいでよ!」という誘いに、奥さんから「お金ないのに!」と責められながらも、チャオさんはついにアムステルダム行きを決意。アムステルダムに行く前に、シミュレーションのためか?家族で世界の名所のミニチュアが集まったテーマパークみたいなところに遊びに行く場面があって、「なんじゃここ!」とすごく興味が湧いてしまいました。この場所は、深センにある”世界の窓”というテーマパークだそう。世界各国の観光名所がすべて集まっていて、ここに行けば世界一周も夢じゃない!という面白いスポットとなっている。写真でなら「ここ行ってきたんだ〜」と言っても騙せるかもしれない。日本のコーナーももちろんあるけど、写真で見たところ富士山めちゃしょぼかった。でも面白そう。ちょっと行ってみたいな・・・。

そして念願叶ってチャオさんはオランダへ。アムステルダムに到着して早速自分が描いた複製画を目にする。チャオさんは自分の絵が立派な画廊で売られているものだと思っていたのに、実際は土産物屋で販売されていると知り落胆するが、販売価格が卸値の8倍もの値がつけられていることに一層ショックを受ける。月に何百枚もの複製画を輸出しても、チャオさんの家庭は生活していくのがやっとなのに、それを安く買ってその何倍もの価格で売っている他の国のクライアント達は儲けているという現実。この世の仕組みの冷酷さをまたひとつ知ることになり、あぁ、資本主義怖い。と改めて感じました・・・。

 

オランダへの旅は、本物のゴッホの絵を見るという目的の達成だけじゃなく、チャオさんがずっと悩んでいた「自分は職人か。芸術家か。」という迷いをさらに加速させ、答えを出すきっかけともなる。ゴッホといえば、印象派を代表する画家でありながら生前まったく評価されず、不遇な人生を送ったことで有名。絵を描き続けても貧乏なまま生活はちっともよくならず悲劇の死を迎えてしまったゴッホに、チャオさんが自然と自分自身を重ねて感情移入してしまうのも無理はないなぁと思う。そんなゴッホの悲しい結末を知っていながらも、チャオさんは自分のオリジナルの絵を描き始めるようになる。チャオさんが描く故郷の風景や大好きな祖母の肖像画はやっぱりどこかゴッホ風だけど、ゴッホが染み付いて離れないチャオさんの手から描かれるものだからそれは仕方ないし、それこそがチャオさんの絵なのだと思う。間違いなく複製画ではない、”自分のオリジナルの絵だ!”と言える作品が出来たことによって、それまでチャオさんと芸術の間にあった分厚い壁を壊せたんじゃないだろうかと思う。たとえ、それが生きてる間に評価されなかったとしても、それも「きっと俺の絵もゴッホと同じで死んだ後に評価されるんだ〜」と思って納得しそうな感じさえある。それにしてもチャオさんが町の風景を描いてる時に「写真に撮ればいいじゃん」とわざわざ言ってくる通行人の無神経さにイラっとしちゃった〜

そんな感じで、初めて知ることがたくさんあって色々と驚かされたドキュメンタリー映画でした。こういう映画に出会うと、世の中知らないことがまだまだたくさんあるなぁ〜と痛感します。私たちの周りには物が溢れているけど、どこで誰がどんな労働条件のもとそれを作っているかなんて気にせずにただ消費している人がほとんどだと思うし、そんなこといちいち考えてたらそれだけで疲れる・・・。私は一応化粧品を買うときには”このメーカーは動物実験はしていないか”とかは調べていたりしたんですけど、やっぱり私たち消費者には見えない部分で、誰かが得をして誰かが損するようなそんなビジネスの仕組みがあるんだろうなぁと考えさせられました。

今度美術館に行く機会があったらグッズコーナーをもっとよく見てみよ〜っと。

パンフレット

映画「世界で一番ゴッホを描いた男」パンフレット
18ページで800円と、ページ数が少ない割にはちょいとお高め。中国での複製画ビジネスについてより理解できる説明や、映画評論家の川本三郎さん、デヴィッド・リンチ関連の本でよく目にする美術・映画評論家の滝本誠さんのコラム、漫画家の赤堀君のイラストなどあり。

ゴッホ関連映画・映像作品

ゴッホのタッチを再現した「動く油絵」で全編構成されたアートサスペンス映画。

チャオさんたちが観ていた映画。カーク・ダグラスがゴッホを熱演!

ゴッホの最期の72日間を描いたドラマ。

ゴッホの人生を研究者たちが解説するゴッホ美術館オフィシャルDVD。

映画にゴッホは出てこないのに、なぜかジャケット写真の背景がゴッホの『星月夜』。ピカソは出てるよ!