退屈から抜け出すための映画

観た映画の感想をだらだらと書いているだけのブログです。

映画「女と男の観覧車」

「女と男の観覧車」

丸の内ピカデリー3にて鑑賞。

トイレ情報:右手(30)前方か後方が一番トイレに近いです。

座席情報:座席は背もたれが高くて寄っ掛かりやすくてなかなか良いです。

「女と男の観覧車」ケイト・ウィンスレット衣装
劇中でケイト・ウィンスレットが着用していた衣装が飾られていました。普通に古着屋さんにありそうな庶民的な服という印象。

作品について

公開:2017年/アメリカ

原題:Wonder Wheel

監督・脚本:ウディ・アレン 

感想と見解

正直に言ってしまうとあんまり面白くなかったなぁという感想。初めてあんなに途中退出者を見ました。。

ウディ・アレン作品は結構好きな方なんですけど、最近の作品はあまりピンとこないものが多いですね(個人的には)。やっぱりウディ・アレンの映画はウディ・アレンがウディ・アレンを演じる(一応、映画の中のペルソナとしてのウディ・アレンはプライベートのウディとは性格などあまり一致しないらしいですよ)の方が面白くて好きというのもあります。(しかし、ミッドナイト・イン・パリブルージャスミンは大好きです)あと初期のバカバカしいコメディがとても大好きです。

今作のあらすじを言うと、舞台は1950年代のコニーアイランドにある遊園地。そこでウエイトレスとして働く中年女性のギニー(ケイト・ウィンスレット)とメリーゴーラウンドの管理人をしている夫ハンプティ(ジェームズ・ベルーシ。最近「カーリー・スー」を観たら結構かっこよくてびっくり。)の元に、親子の縁を切ったはずのハンプティの娘キャロライナ(ジュノー・テンプル)がやってきて、何やら旦那やその仲間たちのヤバい情報を警察に喋っちゃったとかで追われているから助けて欲しいと懇願する。仲が悪かったはずの親子なのに父親はまんざらでもない様子で家に住まわせることになる。ギニーとハンプティは再婚同士で、ギニーにも息子がいるが放火の常習犯でギニーは頭を悩ます。ハンプティとの生活も妥協の末といった感じで現状に不満が募るばかり。そんなギニーを癒すのがライフガードをしているミッキー(ジャスティン・ティンバーレイク)。2人は不倫関係にあったが、そこにキャロライナが入ってくることによって関係が複雑になっていく・・・。といったストーリーです。

 

※ここから先は、話の内容に触れているので本編をご覧になっていない方はご注意ください。

まず、いつものウディ・アレン映画定番のオシャレなジャズが流れる中オープニングが始まります。その後、あたたかみのあるオレンジや水色を基調としたレトロな色合いのビーチとその背後に見える遊園地がどーんと全体に映し出され、すっっごく可愛くて心が踊り始めたのもつかの間。ライフガードのジャスティンティンバーレイクがペラペラと観客に向かって話し始めます。もちろんウディ・アレンの映画だったらよくある光景なんですが、なんだかしっくりこない。ジャスティン・ティンバーレイクはまわりの風景(ウディ・アレン的世界)に合ってなくて合成みたいに浮いて見えてしまったし、あぁやって画面に向かってしつこく話しかけてくるタイプの人間ってもっと卑屈でめんどくさいタイプの人なんじゃないかと思ってしまったわけで。それに比べてジャスティンは健康的に見えすぎます(それはとてもいいことなんですが!)。ジャスティンの語りがくどいだけではなく、この映画では誰かしらずーーーっと喋っているんです。いちいち説明なくても見てりゃ分かるわってシーンもあってそれがうざったく感じてしまいました。遊園地なんて本当に可愛くて美術など観ているだけで楽しめるんですが(目の保養)それも最初だけで、あとはあまり変わり映えしないシーンが多くてだんだん飽きてしまいました。ちなみに「アニー・ホール」ではウディのペルソナである主人公アルヴィーが幼少期にコニー・アイランドにある遊園地のローラーコースターの下にある家に住んでいる描写があります。

ギニーは、子供もいるし生活のために仕方なくハンプティと暮らしていてそれがストレスで常にイラついています。イラつきすぎて偏頭痛が起こり常に頭がいたいいたいと言いながら口を開けば延々と文句を言っているので、聞いてるこっちも頭痛が移ってしまいました(本当に)。先述した「アニー・ホール」のシーンで家の上にローラーコースターがある影響で日常的に騒音と揺れが起こり、そのせいで「神経症になった」と語るシーンがありますが、まさに今作でも影響がみられます。昔演劇をやっていたギニーは今でもその過去への執着が残っているので、今の自分は「これは本当の私じゃない」と思いつつまた輝かしい日々が訪れる日を待っているかのよう。不倫相手のミッキーが唯一の彼女の心の救いで何としても彼を手放したくないと思っていますが、キャロライナの登場によりミッキーとキャロライナの距離が近付きはじめギニーはさらにイライラします。そんな家庭環境で育ったギニーの息子は母親の気をひくためか(なぜ放火してしまうかの説明は特になし)、放火を繰り返すようになります。日本では不倫や浮気を”火遊び”と言ったりしますが、アメリカではどうなんでしょう。同じような意味があるとすれば母親の不倫に気づいている証拠を示していると言えそうです。

結局、ミッキーはキャロライナに惚れてしまいギニーから離れて行ってしまいます。そのことがきっかけで完全に壊れてしまったギニーは、「若かった頃の私に戻ればきっとミッキーがまた戻ってきてくれる!」という淡い期待からか昔の舞台衣装を引っ張り出して着飾りはじめます。しかし、40過ぎのギニーが着ると年齢を感じさせる疲れきった顔で惨めさがより際立って見えてしまって、とても痛々しい。時の流れには逆らうことができないという現実の残酷さを叩きつけられます。いつまでも現実を受け入れられず哀れな妄想の世界で生きる元女優といったところでサンセット大通りを思い浮かべました。そこにミッキーがやってきてキャロラインをめぐる言い争いが始まるのですが、あの場面は観ていてなんだかギニー=ミア・ファロー、ミッキー=ウディ・アレン、キャロライナ=スン・イー(ウディ・アレンの妻でありミア・ファローの養女)の3角関係に見えてくる不思議。現にミアは最近は女優活動をしていませんし(社会奉仕活動に精を出している)、スン・イーとウディの関係を知った後「殺してやる」だの「目をえぐり出してやる」だの逆に「死んでやる」だのと精神的に大変だったらしいので・・・。

 

ところでこれは私の個人的な解釈ですが、ミッキーはギニーに対してもキャロライナに対しても実際には”恋”とは違う感情だったのではないかという気がしました(劇中では”恋”と言ってましたが)。まずギニーとの出会いは、ギニーが自殺を考えて海岸を一人で歩いていた時です。そしてキャロライナはギャングに追われていて殺されるかもしれないという命の危機が迫っている時。どちらも死を感じさせる時です。ミッキーの職業はライフガードなので人の命を助けるのが仕事です。なので死を感じさせる女性につい惹かれてしまうのではないかと推測しました。2人の女性が溺れていてどちらを助けるか、といったときに選んだのがより命の危険にさらされている方であっただけなのではないのかと。とはいえウディは昔から若い女の子と年上男性の年の差恋愛を描き続けているのでそういう性といえばそれまでなんですが・・・。

ウディの過去作品の中では、「カイロの紫のバラ」に似ているところがあるなと感じました。夫から暴力を振られたり妻として正当な扱いをしてもらえないミア・ファロー演じる主人公はレストランのウェイターをして生計を立てている。彼女の一番の楽しみは映画鑑賞で、ある時上映中の「カイロの紫のバラ」という作品に夢中になり何度も繰り返し鑑賞しているとなんとスクリーンから俳優が抜け出してくる。そしてミアの手を取り脱走。そこから2人は夢のような時間を過ごします。途中で遊園地(動いていませんが)が出てくるところも「女と男の観覧車」との共通点。ファンタジーのようだけど最後にはとても現実的な展開が待っていて、それを受け入れながらまた映画館へ通うラストがとても好きです。

映画館で観た時にはあんまり面白く感じられませんでしたが、見落としている点も色々とあると思うのでもう1回見直したいなぁと思える作品ではあります。それに何よりウディ・アレン作品初参加のケイト・ウィンスレットが素晴らしかった。(実は「マッチポイント」の主役は最初ケイトが候補だったとか。今ではスカヨハしか考えられませんね・・・)中年女性の焦燥感やヒステリーはいつか他人事ではなくなるかも・・・身にしみて感じました。過去の失敗はあるけど、これからまだ新しい人生を送るためにやり直しがきくキャロラインと、もう後戻りできないと自覚し妥協ながらも淡い期待を捨てられず必死に抗うギニーの対比は見るタイミングによって感情移入する立場が変わって胸に迫るものがありそうです。(私は着々とギニー側に近づいていってます・・・。)いつの間にかこんなに時間が経っていたけど私は一体何をしてきたんだろう・・・とは常日頃思いますが10年後も同じことを思って後悔しないように頑張ろうと思いました。

ウディ・アレンの過去作品も見返して研究してみようと思います。