退屈から抜け出すための日記。

自由気ままに書いてます。

ゴーストバスターズ〜ケイト・マッキノンに恋をした〜

こんにちは。

今日から新しい職場で仕事が始まりました。

まだまだ説明を受けただけで仕事してないのですが、

周りの雰囲気はみなさんとても優しくて良さげでした。

しかし、昨日ベルイマンの映画観たんだけどさ〜みたいな会話が通じる人はいなさそうです(そりゃそーだ

ちょっと浮きそうな気がしていますが、仕事は仕事なのでそこは割り切ることにします。

やっぱりこのブログは必要不可欠だなと改めて感じました。

忙しくても頑張って続けていこうと思います。

 

そんなことより、昨日はゴーストバスターズを観に行ってきたんですよ!

もう本当に最高でした。

パワフルな女性たちがヒーローになってニューヨークを救う!

めちゃくちゃカッコいい。

特にケイト・マッキノン。私はあなたに惚れました。

こんな女性がいたら男性に興味などなくなります。

まぁ反対にクリス・ヘムズワースが可愛かったんですけど。

今までの男性像、女性像がまるで逆転していて面白い&痛快。

でもこれから世の中どんどんこうなっていきそうな予感。

なんて言ったら、男性からしてみたら不服かもしれませんが。

少なくともこの手の映画が増えそうな気はすごくします。

今まで女性ヒロインが悪と戦う映画ってあるっちゃあるけど、やっぱり衣装がセクシーだったり女をまとわりつかせてるものが多かった。

でもこのゴーストバスターズはまるで色気なし!!性を感じさせない!そこが良い!!

 

ゴーストバスターズのイメージとなってるあのおばけの巨大なやつが街を練り歩く姿は、この前観たシン・ゴジラを思い起こさせました。(本当になんか似てるんですよ)

日本は政府が怪獣を倒す、アメリカは中年女性4人がゴーストを退治する、この違いがなんとも面白いなぁ。

ゴジラを観た後はゴジラ最高!と思ったけど、やっぱり私はゴーストバスターズの方が好き。

だって私もゴーストバスターズの仲間に入りたい!!!

 

あと、最近のアメリカ映画に多い傾向だけど、他の映画のネタが例えでかなり使われていましたね。

カーク提督(スタートレック)、食べて祈って恋をして、ジョーズクラーク・ケント(スーパーマン)、ろくろを回してどうのこうの(ゴースト)などなど多分他にもたくさんあったけど忘れました。。

わからない人は、え?今のどういう意味?ってなるだろうから、やっぱりこういう小ネタもわかるとなお面白いと思います。

 

もっかい観に行きたいなぁ、ケイト・マッキノン様を観に。

本当に本当にかっこいいので。騙されたと思ってみなさん観に行ってください。ぜひ。

今回のゴーストバスターズ、女性軽視や人種差別などいろいろと問題もありましたが、本当に良い作品ですから。

 

ハロウィンっぽい雰囲気だったからハロウィン頃また観たいけどもうさすがにもう終わっちゃってるかな。