読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退屈から抜け出すための日記。

自由気ままに書いてます。

ポンピドゥーセンター傑作展

上野の東京都美術館でやってるポンピドゥーセンター傑作展にいってきました。

1906年から77年までの絵画や彫刻、写真、映像などが1年1作家1作品ずつ展示されている展覧会。

絵画についてはあまり詳しくないのでよくわからないんですけど(^_^;)

クリス・マルケルの映画が観れたのでこれだけでも来た甲斐があったってなもんです。

今回展示されていたクリスマルケルのSF短編映画「ラ・ジュテ」(1962年)。

パッパッと切り替わるモノクロ写真と、語り手のみのシンプルな映画です。

30分もないくらいの短さなので立ち見でも大丈夫!

(椅子は4人分しかない。)

 

この映画、テリー・ギリアムの「12モンキーズ」が着想を得た作品とのことで、設定はとてもよく似ています。

他にもゴダールの「アルファヴィル」を始め数々のSF映画に影響を与えたとのこと。

 

映画とはいえ、動画じゃないので観てもすぐ飽きちゃうかなぁと思いきや、独特のなんとも言えない儚げで不安感漂う雰囲気に引き込まれました。 

二周目も観ようかなと思ったくらいです。

 

この作品のセルDVDは廃盤のようで高額でプレミアついているし、レンタルだっておいてるところほぼないんじゃないでしょうか。

 

 

なかなか観れる機会がない作品を観れて良かったなぁとおもいます。

youtubeでも部分部分で観られるぽいですけどね。

 

アートに関して詳しくないなりにひとつひとつ説明を読んで見ていったのですが、ピカソと親交を深めてるアーティストがいすぎて、

ピカソの交友関係とコミュ力すごすぎる・・・と思いました。

ミッドナイト・イン・パリ」が観たくなってきた!

 

 

 

 お土産購入。

ピエール・エルメの焼き菓子。

高かったけどなんか勢いで買ってしまった。1000円。

こういうとこ来ると勢いで買い物しがち。。

美味しかったです。