退屈から抜け出すための日記。

自由気ままに書いてます。

フィンランド旅行記4日目

この日は夕方には飛行機に乗ってしまうので、

早々とホテルを後にしました。

何かあるといけないので早め早めに行動。(超心配性)

 

ホテルでのチェックアウトは部屋のカードキーを渡して確認をしてもらいます。

何も使用していないので何も聞かれず「サンキュー」で終わりました。

あ、今更ですがホテル内はフリーwifiなので、いざとなれば翻訳アプリとかでやりとり出来ると思います。

 

帰りも行きと同じフィンエアーシティバス。

バス乗り場の一番手前、30番(だったと思う)の表示があるところが乗り場です。

荷物を預けるときに「ターミナル1?2?」と聞かれるので、日本行きなら「2」と答えます。

 

空港に着いたら入り口の目の前がフィンエアーのチェックインカウンターです。

今回は自動チェックインの機械でチェックイン。

日本語表記に変更ができるので安心しました。

右上に「other language」というボタンがあるので押すと日本語が選べるようになります。

そしてパスポートをスキャンし、預けるバッグの個数を入力→飛行機の座席を選択。

すると、搭乗券と預け荷物につけるタグが出てきます。

タグを荷物に巻きつけたらお次は自動バゲージドロップ。

荷物を置き、モニターで操作。こちらも日本語が選べます。

搭乗券のバーコードをスキャンしたら自動で運ばれていきます。簡単!

手荷物検査を抜けたら、出国審査の前にマリメッコムーミンショップなどのお店が待っています。

空港ならではの物はとかは特になくて品揃えはどこも似た様なもんでした。

 

なんか食べておきたいな〜と思ったのでカフェでサラミ&モッツァレラのサンドを買って食べる。

f:id:riset:20160609155434j:plain

ちょっとしょっぱいのと量が多いのとで食べきれず少し残してしまった。。

パンが固めで腹にたまる。確か10ユーロくらいでした。

隣の席の外人の女の人が電話でめっちゃキレてて怖かった。

 

それから出国審査。

日本の国旗マークが付いている自動ゲートがあったので使おうと思ったのですが、

パスポートおいても「×」マークしか出なくて、空港のスタッフの人も全部の機械で試してくれましたが出来なくて二人で「なんで??」ってなりました。

まぁ空いているので有人のところで済ませました。

(後から他の人が話しているのを聞きましたが、搭乗1〜2時間前くらいはすごく混んで並んだみたいです)

 

出国審査から搭乗口まで結構距離が長いです。

免税店やレストランも沢山あります。

アジア料理のお店もあったので、さっきサンドを食べたことを後悔しました。。

 

いよいよ搭乗時間。

飛行機まではバスで移動します。

行きは直接乗ったのでわからないのですが、帰りはマリメッコデザインの飛行機でした。

一応写真も撮ったんですけど、逆光で画面が見れず、なんとなくで撮ったら目の前にいたおっさんの顔しか写ってなかった。。

 

そういえば、行きの飛行機でわからなかった座席の倒し方がやっと判明。

右の肘掛にあるシルバーの丸いボタンをぐっと押すと倒れるんですね。

帰りは一番後ろの席だったので思う存分倒しました。

何度乗ってもやっぱり飛行機は怖い!

むしろ帰りより怖かったので(後ろの席だから揺れと音がすごかった)、ずっとアイマスクして音楽を聴いてました。

洋楽やバンドの曲じゃこの恐怖心はおさまらず。。

こういう時はアイドルの曲が1番恐怖を忘れられるということに気がつきました。

特にももクロの国立のライヴ音源が最高。

時間があっという間に感じられた。

 

そして翌日の日本時間9時半頃到着。

1人で海外旅行、ものすっごく不安だったけどなんとかなりました。

また行きたいなぁ、フィンランド

 

家に帰ったら今までの緊張が解けたのかどっと疲れました。